不動産売却専用ダイヤル

残置物そのままで売却したい

私たちは、売主様の立場にたち、
話を傾聴します。売主様の利益を守ります。売主様の秘密を守ります。
貴重品・思い出の品は忘れずに引き取っておく

 残置物を残したまま売却をしたいという売主様は非常に多く、この案件は当社の得意分野でもあります。
ゴミ屋敷そのまま売却、遺品整理せずにそのまま売却、残置物そのままで売却、空家そのまま売却、未相続物件そのまま売却・・・のご相談も歓迎です!
 この場合、売主様は物件を相続で取得されている場合が多いようです。
残置物そのままで売却物件を引き受けることはできますが、その場合売主様にお願いが1つございます。
それは、「お宝」「かけがえのない記念の品」は事前に引き取って頂くことをお願いしております。

 残置物は、ほとんどの場合 残置物処理業者が事務的に片付けてしまうので後から「大切なものがありました!」と言われても処理業者には責任が取れません。
残置物がある物件をそのままお売りになる場合は、何度も残置物の中の貴重品のご確認をお願い致します。

 その後、残置物を処分するのですが、その前にリサイクル業者に来てもらい、換金できるものは換金してもらい、売主様の残置物処分費用原資と致します。
残置物は業者で処分してから売却
残念ながら、残置物のたくさん残っている物件に買主様を案内しても売却成立することはありません。
従いまして、残置物は処分してから買主様を売却物件にご案内することになります。
荷物が無くなってスッキリとした物件は、売却しやすくなり成約率もグッとアップします。

賃貸も視野に
 先祖から相続した物件をすぐに売却することは心理的負担が大きい、という依頼者様は賃貸に出してみてはいかがでしょう?
 残置物でたくさんの物件を賃貸に出すことはできませんので、当社で片づけを行い、簡単なリフォームを行い当社で責任をもって代理で貸出を行います。
この方法も相続で物件を取得した方の資金持ち出しが一切ありませんので大変人気です。
売却に踏み切れない方は ぜひこの方法もご相談下さい。
売主様の秘密を守る。売主様の立場にたち、話を傾聴する。売主様の利益を守る。当社の使命です。当社は売買専門ではなく、総合不動産会社です。無理矢理売却に持ち込むというようなことはありません。